HOME > 院内紹介 > 院内感染防止

院内感染防止

院内感染とは、医院に来院された感染症の病気がある患者さんから院内で他の患者さんに移ってしまうことです。 当医院では、患者さんに安心で安全な治療を受けていただく為、出来る限りの方法や機械を使用し、スタッフ一同、滅菌・消毒に力を入れております。
治療時に交換出来る機器は全て患者さん毎に交換し、使用する機器についてもしっかりと滅菌・消毒しております。また、お口の中にに入るものだけでなく、チェア周りに至るまでしっかり消毒しております。どうぞご安心ください。

ハンドクリーン

患者さん毎に、手を洗うだけでなくアルコール消毒しております。

タービン

歯を削る時に使用する"タービン"とタービンの先端に取り付ける"バー"は、患者さん毎にタービンごと交換しております。

右:タービン
左:中にはバーが入っています

3wayシリンジ(水銃)

チェアについてる空気、水、スプレーが出る道具の先端は、患者さん毎に交換しております。

詰め物、被せ物

詰め物や被せ物は、患者さんのお口の中にセットする前に超音波洗浄機にて洗浄し、アルコール消毒を行ってからお口の中へ装着しております。

消毒滅菌の手順

手順1:薬液消毒

水洗いした器具を消毒層に入れます。

手順2:超音波洗浄機

使用した器具を超音波洗浄機に入れ、超音波洗浄します。

手順3:食器洗浄機

食洗機でもう一度器具を洗い、乾燥させます。

手順4:器具をパック

滅菌(菌を殺す)の機械へ入れる前にひとつずつ専用のパックに入れます。

手順5:滅菌の機械へ入れる

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)
全ての器具を滅菌することができます。主にピンセットやミラーなどを滅菌しています。

プチクレーブ
切削道具を滅菌します。

ヴァキュクレーブ
オートクレーブの上位モデルで、世界最高水準の滅菌ができます。全ての器具を滅菌することができます。

▲ページトップに戻る